トップページ > 町民の皆様へ > 教育・育児・教養 > 特定防衛施設周辺整備調整交付金事業

特定防衛施設周辺整備調整交付金事業

町内小・中学校に実物投影機を整備
 
町内小・中学校の1学級に1台、実物投影機が整備されました。「平成26年度特定防衛施設周辺整備調整交付金事業」により整備されたものです。
実物投影機は、教科書などを拡大してテレビに映し、それを見て学習するものです。
実際に映像を見ながら学習することで、子どもたちの授業への関心や学習意欲が向上し、授業の効率化と習熟度の向上が図られます。
実物投影機のほか液晶テレビやディスプレイスタンドが整備され、新地球学やカナダ学をはじめ、授業のさまざまな場面で子どもたちの教育に有効活用されます。
○事業費9,568,800円(うち交付金8,800,000円)
 
 
 
 
 
 
鹿追中学校の正面玄関外部タイルを改修 
 
鹿追中学校の正面玄関外部タイルが改修されました。「平成26年度特定防衛施設周辺整備調整交付金事業」により整備されたものです。
鹿追中学校の玄関タイルは老朽化により破損・離脱しており、また滑りやすい材質であったため、全面を滑りにくいゴムチップタイルに改修しました。
この改修により、生徒等が安全に安心して通学できる環境となりました。
○事業費3,380,400円(うち交付金2,000,000円)
 
 

 

 

瓜幕中学校にタブレットパソコンを整備

瓜幕中学校に17台のタブレットパソコンが、「平成27年度特定防衛施設周辺整備調整交付金事業」を活用し整備されました。タブレットパソコンは、調べ学習や情報提示に大変有効であり、自分で調べたり、映像を見ながら学習することで、子ども達の授業への関心や学習意欲が向上し、授業の効率化と習熟度の向上が図られます。タブレットパソコンのほか、無線LANアクセスポイントや充電保管庫が整備され、新地球学や地球コミュニケーションのほか、授業の様々な場面で有効活用されます。○事業費5,324,400円(うち交付金4,300,000円)