トップページ > 町民の皆様へ > 生活のきまりごと > 税金・国民健康保険 > 町税の種類

町税の種類

税金には、「国税」と「地方税」があります。地方税は鹿追町でいえば「道税」と「町税」に分けられます。税金にはもうひとつ、使い道が特定されている「目的税」と、特定されない「普通税」という分け方があります。町税の種類は次のとおりです。

■個人町民税
●毎年1 月1 日現在、町内に住んでいて、前年に所得のある人に課税されます。
●均等割と所得に応じて負担する所得割の合計が課税額になります。
●個人道民税も合わせて課税されます。
■法人町民税
●町内に事務所、または事業所などがある法人などに課税されます。
●均等割と、法人税額を課税標準とする法人税割 の合計額が課税額になります。
■固定資産税
● 1月1日現在の土地・家屋・償却資産の所有者に課税されます。1月2日以降に土地や家屋を 取得した場合は、翌年から対象になります。
●縦覧帳簿の縦覧/納税者は4月1日から1期目 の納期限までの期間に町内の土地や家屋の評価 額等を縦覧することができます。
●課税台帳の閲覧/固定資産の所有者は、所有する資産について課税台帳を閲覧する事ができます。また、借地・借家人についても借地・借家の課税台帳を閲覧することができます。
■町たばこ税
●たばこの価格に含まれた税金で、たばこの卸売業者などが小売店に売り渡した時に課税されます。例えば300円のたばこには、約64円の町たばこ税が含まれています。
■軽自動車税
● 4 月1 日現在で原動機付自転車、軽自動車、バイクなどの所有者に課税されます。
●なお、障がいのある人、またはその家族が使用する軽自動車については、課税免除の制度があります。(申請先:町民課税務係)
●バイクや軽自動車の届出窓口
車両区分 届出窓口
125cc 以下の 原動機付自転車 小型特殊自動車 役場町民課税務係
電話番号:0156-66-4031
2輪、3輪、4輪の 軽自動車 帯広地区軽自動車協会 帯広市西19条北1丁目
電話番号:0155-33-3154
250cc を超える 2輪の小型自動車 北海道運輸局帯広運輸支局 帯広市西19条北1丁目
電話番号:0155-33-3281
■入湯税
●鉱泉浴場(温泉浴場)に入った入湯客に対して課税されます。ただし、12歳未満の方は課税対象とされません。

【お問い合わせ窓口】
鹿追町役場 町民課税務係 電話番号:0156-66-4031